財産の相続における遺言!効力はどのくらいあるの?

最近は終活を行う人が増えていて、遺言を書き残しておこうと考える人も増えています。
遺言は自分が亡くなった後に、財産を誰にどれくらい相続させるかを決めておくものです。
遺言があれば自分の財産を自由に分け与えられるだけでなく、相続人同士のトラブルもなくなると考えられています。

・遺言を書く人が増えているけど効力はどのくらい?
遺言はルールに沿って書く必要があり、普通方式と特別方式、秘密証書遺言という3つの種類に分けられます。
遺書の効力は高いものの、民法のルールに従って書かれていないものは遺言書として認めらず効力がなくなってしまうので注意しましょう。
主に、遺言で使われることが多い種類は普通方式と特別方式です。
遺言には何を書いても効力があるというわけではなく、遺言事項というものがあるのでそれに沿って書くようにしましょう。

・遺言事項ってどんなものがあるの?
遺言事項には財産処分に関すること、身分に関すること、遺言執行人についてなどを書いていきます。
自分の財産を相続させる人を選び、分割方法の指定や寄付の指定、生命保険の受取人などを遺言に出来ます。
身分に対しては婚姻外で生まれた子供について、自分の子供として認知し相続人になることも遺言にできます。
このような遺言事項に関係ないものでも、遺言に家族に当てたメッセージなどを書くことができるのですが、遺言事項ではないものは遺言に書いても効力はないので注意しましょう。

遺言は基本的に効力が高いものですが、ルールに沿って書かれていなかったり、遺言事項以外のことを書いても効力はありません。
せっかく遺言を書くのであれば、正しい書き方で自分の意思を尊重させてくれるようにきちんと書かなければなりません。
普通方式の場合は紛失や改ざんのリスクがあるのですが、特別方式の場合はこれらのリスクを伴うこともないのでおすすめですよ。
また、普通方式の場合は1つの間違いも許されず、文字の変換やミスがあった場合は効力がなくなってしまうので注意しましょう。