電話加入権に相続税はかかるの?

相続が起きたら相続税の対象になる遺産を調べてその評価額を集計していきます。
このときには電話加入権も忘れずにチェックしてください。
これも相続税の対象になる遺産の1つとなります。

電話加入権といわれると携帯電話の契約のことだと感じる方が多いかもしれません。
しかしそれのことではなく、これは固定電話を自宅に引く権利のことです。
目に見えるものではありませんが、もし故人の自宅に固定電話がある場合はこの権利を持っているとみなされます。

これも遺産の1つとして扱い、相続税の計算をするときにはきちんと集計しないといけません。
このときに現金以外の資産は評価額を調べて集計していきます。
不動産などこのときに計算が必要になることもありますが、電話加入権にそのような対応は不要です。

これは現在一律の固定金額が評価額となっており、その金額は1500円です。
1500円の資産として集計してください。
非常に評価額が安いので拍子抜けした方も多いかもしれませんね。
実際にこの電話加入権をきちんと対応したからといって、遺産の金額が大幅に変わるといったことはほとんどありません。

ですからやってもやらなくてもあまり変わりないように思えるかもしれませんが、なるべくきちんと対応しておくことをおすすめします。
といいますのも固定電話を自宅に持っている方はまだまだ多いですから、遺産相続が起きたときにこの電話加入権を遺産に含める必要のあるケースもまだまだ多いのです。
そしてこれがあるかどうかは自宅に固定電話があるかどうかで簡単に判断できますから、調べるのも簡単です。

そのためこれを含めていないと税務署から指摘を受ける可能性があります。
もし指摘を受けた場合はその電話加入権を含めて申告がやり直しになる可能性もあるわけです。

特にこれを気をつけたいのは、その他の遺産の合計が基礎控除を超えている方です。
この方は課税対象になる遺産の金額が増えるほど税額も増えます。
そのためわずかな遺産でもなるべく集計漏れがでないように対応するのが望ましいのです。

もし集計漏れの遺産がある場合は、それが漏れていることにより課税対象の遺産の金額がやや少なくなっており、それだけ相続税額も小さくなっていることになります。
税額に影響のないミスは税務署から指摘を受けることも少ないですが、そのミスにより税額が変わる場合は指摘を受ける可能性が高くなります。

特に電話加入権は見落とす方も多いため、税務署から指摘されやすい項目の1つです。
相続税のために遺産を集計するときは電話加入権もなるべく忘れずに集計してください。