子供に相続する株は遺言に書き残しておこう!

上場している株を持っている場合、株についても相続の対象となります。
土地や現金、預貯金などに比べて、株はどのように相続されるのでしょうか。
そこで、株についての相続のされ方と、遺言の書き方について見ていきましょう。

・株の相続はどうやって決められるの?
上場している株を持っていてその人が亡くなった場合、相続はどうやって行われるのでしょうか。
仮に、子供2人に対して上場している株が1,000株あったとします。
この場合、1人の子供に対して500株ずつ相続されると思っている人が多いですが、これは間違いです。
子供2人に対して1,000株あった場合は、1人ずつ分けて相続するのではなく2人の共有財産となります。
2人の共有財産となってしまった場合は、1人が株を売却したいと思っても勝手に売却することは出来ません。
被相続人となる人は家族のだれに株を相続させたいかを考え、遺言として残しておいたほうがいいと思います。

・上場している株についての遺言の書き方
特に、上場している株については大きな利益を得られる場合もあるので、トラブルが起こりやすいと言えるでしょう。
遺言に株を誰に相続させるかを書いておくと、財産の問題でトラブルを起こしにくくなりますよ。
株についての遺言の書き方は、誰にいくつの株を相続させるかをしっかりと書き記しましょう。
遺言者は遺言者の所有株式を○○に相続させる。
○○株式会社 500株

遺言者は遺言者の所有株式を○○に相続させる。
○○株式会社 500株
子供2人に対して同じ株数を相続させる場合は、このように明記しておきましょう。

自分がこの人に株式を相続させたいと思っていても遺言がない場合は、2人の共有財産として名義変更を行わなければなりません。
遺言を書くのであれば土地や建物、現金や預貯金などだけでなく、株についても明確に記入して誰にどれだけの株を相続させるのかを書いておきましょう。
遺言が発見され1人ずつ同じ数の株を相続できるということになれば、トラブルも起こらないのではないかと考えられます。