【相続】公正証書の遺言メリット!銀行などの手続が簡単に!

遺言があったほうが自分の意思によって、財産を相続してもらえると思っている人はとても多いです。
しかし、遺言と言っても自筆証書遺言や公正証書遺言などがあり、どちらがいいのかと悩んでいる人も多いと思います。
亡くなった後のことも考えて遺言を書くのであれば、公正証書遺言によって遺言を書いたほうがいいのではないかと考えられます。

・公正証書遺言は改ざんやミスを回避するだけじゃない!?
公正証書遺言のメリットとしては、改ざんやミスを回避できるというのが最大のメリットだと感じている人も多いです。
その他のメリットとしては遺言を紛失しない、財産の相続をすぐに開始できるなどのメリットもあります。
しかし、公正証書遺言にはその他のメリットもあり、自分が亡くなった後の手続も簡単に出来るようになると言われているので、遺言を書くのであれば公正証書遺言を書くのがおすすめですよ。

・遺言を書くなら公正証書遺言で書くのがおすすめ?
公正証書遺言で遺言を書いておいた場合、遺言が無効になる心配や紛失、改ざんを恐れる必要はなくなります。
また、公正証書遺言で遺言を書いておけば、銀行などの金融機関における手続きもしやすくなると言われています。
一般的に、銀行など金融機関の手続を行う際は、相続人全員の書類が必要なります。
しかし、遺言の内容に土地や現金、預貯金などだけでなく遺言執行人を指定しておくことで、金融機関における手続が遺言執行人の署名捺印のみで出来るようになります。
遺言執行人がいる場合は相続人全員の書類を集める必要もないので、書類を集める手間もかからなくなりますよ。

このように遺言を書いておくのであれば、公正証書遺言で遺言を書いたほうがいいと思います。
公正証書遺言であれば遺言の無効や紛失、改ざんや手続などいろんな面で大きなメリットが得られます。
銀行など金融機関の手続に、相続人全員の書類が必要なくなることで遺言執行人も動きやすくなりますし、手間も省きながら手続きが行えるようになりますよ。