安心して財産を相続したいなら弁護士に頼んで遺言を作成しよう!

財産の相続が発生したとき、遺言があるのとないのとでは大きな違いがあります。
遺言がある場合は基本的にその内容に沿って分割が行われるため、相続税の申告をするときもスムーズに事を進められます。
しかし、遺言がない場合は分割協議を行うため、相続税の申告をするのに時間がかかってしまう恐れもあるので注意しましょう。
続きを読む 安心して財産を相続したいなら弁護士に頼んで遺言を作成しよう!

相続では遺言を書く人と民事信託で家族に財産を管理させる人が増えている!

生前に財産の相続のことで家族を話をする人の中には、遺言を用意しておくべきだという人もいれば、民事信託を利用したほうがいいのではないかと考える人もいます。
財産の相続では遺言または民事信託を考える人が多いとされていて、残される家族にとってどちらがいいのかと考える人もたくさんいます。
そこで、民事信託について見ていきましょう。
続きを読む 相続では遺言を書く人と民事信託で家族に財産を管理させる人が増えている!

【相続】公正証書の遺言メリット!銀行などの手続が簡単に!

遺言があったほうが自分の意思によって、財産を相続してもらえると思っている人はとても多いです。
しかし、遺言と言っても自筆証書遺言や公正証書遺言などがあり、どちらがいいのかと悩んでいる人も多いと思います。
亡くなった後のことも考えて遺言を書くのであれば、公正証書遺言によって遺言を書いたほうがいいのではないかと考えられます。
続きを読む 【相続】公正証書の遺言メリット!銀行などの手続が簡単に!

財産の相続は債務についても遺言に書いておこう!

遺言では財産として相続させるものを、自分の意思によって書き留めておくことが出来るものです。
この遺言があることで、亡くなった人がどんな気持ちで相続を決めたかを伝えることも出来ます。
遺言は土地や建物、現金や預貯金などについて書き留めておくものだと思っている人も多いですが、債務についても書き留めておくことが出来ますよ。
続きを読む 財産の相続は債務についても遺言に書いておこう!

相続における遺言の手続はどうやってやるの?

相続人に自分の意思によって財産を相続してもらえる遺言。
遺言は正しい書き方や手続を行わなければ、効力を発揮してくれません。
遺言を書いておいても相続人同士で話し合いがもたれ、無効にしようという意見が一致すれば遺言を書き換えられるのですが、最低限自分の意思によって財産を相続したいのであれば、正しい書き方や手続で書いておくことをおすすめします。
続きを読む 相続における遺言の手続はどうやってやるの?

相続における遺言は必ず効力ではない?税金や相続に不満が出た場合は?

遺言を残しておけば、自分が思い描く理想の相続が出来ると考える人はとても多いです。
しかし、実際にはすべての財産相続を書いていたとしても、それが必ずしも効力があるとは言い切れません。
それは、相続人同士で話し合いを行い、全員の意見が一致すれば遺言を変えることが出来るからです。
続きを読む 相続における遺言は必ず効力ではない?税金や相続に不満が出た場合は?

財産の相続における遺言!効力はどのくらいあるの?

最近は終活を行う人が増えていて、遺言を書き残しておこうと考える人も増えています。
遺言は自分が亡くなった後に、財産を誰にどれくらい相続させるかを決めておくものです。
遺言があれば自分の財産を自由に分け与えられるだけでなく、相続人同士のトラブルもなくなると考えられています。
続きを読む 財産の相続における遺言!効力はどのくらいあるの?

【財産の相続】遺言があるないどっちがいい?遺留分は?

被相続人となった人が生前に自分の意思を示しておくことを遺言といいます。
この遺言があるのとないのとでは財産の相続がスムーズに行えるか、被相続人の意思を尊重できるかは分かりません。
遺言を書いておくことで相続がスムーズにできるようになり、自分の意思を尊重してもらえる財産の相続が出来るのではないかと考えられます。
続きを読む 【財産の相続】遺言があるないどっちがいい?遺留分は?